誰もがなり得るアルツハイマー|予防対策!

アンモニアの解毒

栄養剤

飲酒により体内で増えたアンモニアは、オルニチンによって解毒されます。しかしオルニチンが不足すると、解毒がうまくおこなわれなくなります。さらに肝臓が酷使され、全身の細胞にエネルギーを与えるという機能も低下していくのです。そのため多くの人が、サプリメントでオルニチンを補充し、肝臓や細胞を守っています。

東洋医学も利用して

生薬

中高年にさしかかった女性は、閉経を迎えることになります。その影響でホルモンバランスが乱れて更年期障害が発症することもよくあります。病院での治療で効果が得られなかったり、治療方法に抵抗感がある場合に最適な方法として、漢方薬を使用した治療方法にも注目が集まっています。

Recommended

  • アルツハイマーを予防する方法ガイド

    物忘れをしないように、アルツハイマーの対策を学ぶ必要があります。病院にいく前に自分で対策するようにしましょう。

予防に効果的な食生活

3人のシニア女性

血糖値の上昇を抑制する

アルツハイマーになる原因は脳の神経細胞が破壊されることで起こります。脳の神経細胞を攻撃するものはアミロイドβとよばれる物質で、血糖値が上がると蓄積されます。そのため、アルツハイマーを予防するには、血糖値の上昇を抑制してアミロイドβが蓄積しないようにすればいいのです。おすすめの食事療法としてはビタミンEとビタミンCを含む食品を食べるようにすることです。これらのビタミンは痴呆予防に効果的な成分であると同時に一緒に摂取すると相乗効果も高いです。これらの成分を含む食品にはさつまいもがあります。さつまいもを朝食のときに毎日食べるようにするとアルツハイマーの予防になります。もちろん、サプリメントでの摂取もおすすめです。

よく咀嚼して緑茶を飲む

アルツハイマーを予防するには痴呆予防効果を持った成分が含まれている食品を食べることですが、その食べ方にも工夫をこらすと良いです。それはよく咀嚼することです。咀嚼することで脳の活性化を促し認知機能が高まります。ただ食べるだけでも効果はありますが、こうした食習慣を少し変えるだけで大きな効果を期待することができます。他にも、緑茶やワインをよく飲む人はアルツハイマーになりにくいです。それは含有されているポリフェノールがアルツハイマーの発症リスクを低下させる働きがあるからです。このように、食品と食習慣と飲み物をこれまでと変えるだけでアルツハイマー病を予防できます。しかも、すでにその症状が出ている人の場合は改善されます。

毎日スッキリを維持しよう

脚

むくみサプリには、カリウムやシトルリン、メリロートなどの有効成分が配合されています。そして、さらに高い改善効果を望むなら、ポリフェノールが併せて配合されている製品を選ぶと良いでしょう。公式ホームページから注文すると安く購入でき、役に立つ冊子なども同梱されています。